≪動画≫Apex Legendsにカスタムマッチが実装されないので物理的にカスタムマッチ実装してみた

こんにちは!ひじきぼーいです。

今日は弊社にて、大人気FPSゲーム”Apex Legends”内で物理カスタムマッチを開催しましたのでその様子を紹介します!

 

三原
動画内で” Bangalore_mihara “というプレイヤーがいますが、私ではありませんので誤解なさらないようにお願いします!良い迷惑ですよ(笑)

 

物理カスタムマッチとは

2021年7月3日現在、Apex Legendsにはプレイヤーが自由に「カスタムマッチ」を建てれる権限がありません。

カスタムマッチを建てるにはパブリッシャー先であるElectronic Artsに問い合わせ、承認を得た上でカスタムマッチ専用のアドミントークンを配布してもらう必要があります。

なので現状の環境では好き勝手にカスタムマッチを建てることができないのです!!!
※今後プレイヤーが自由に建てれるように準備を進めているとのことです。

そこでご紹介するのが「物理カスタムマッチ」です!

物理カスタムマッチのやり方

やり方はシンプルです。今回は弊社のApex Legends好きなプレイヤーを集めて実施したので実例とともに紹介します。

①参加者を募る (弊社では15人ほどが集まりました=5PT分)
②3人1チームを作る ※この時1人リーダーを決める
③リーダーはサーバーを東京サーバー以外(台湾や香港などの外国サーバー)に設定し②のパーティーを組む
④リーダー以外は準備完了をする
⑤Discord等の通話ソフトを使って各リーダーが1つのボイスチャンネルに集合する
⑥5PT分のリーダーが集合したのを確認したら「せーの」の掛け声で一斉にリーダーが準備完了を押す
⑦マッチングが成功したら「物理カスタムマッチ」完了!!
※マッチングが成功しているかどうかはチャンピオン部隊の編制や名前を見るとわかりやすいです!
⑧リーダーは各々部屋に戻りあとはキルログをよく見て、銃声を聞いて「身内」っぽいパーティーを探して戦うだけ

注意
3人フルパのパーティーはフルパのパーティー同士で当たりやすいため、できるだけ3人1組でやることをお勧めします

物理カスタムマッチとは言ってますが、上記の行為を総称して「スナイプ」と言います。スナイプはゴースティングとは違い禁止行為ではないのですが、スナイプをする上での注意点は談合(チーミング)を絶対にしないこと。

身内とマッチが同じと分かれば一応身内も味方ではあるので一緒になって優位に戦いたい気持ちになってしまいがちですが、当たり前なマナーとして絶対に行わないようにしましょう。というか正々堂々戦った方が面白いですから!

実際にエイプリルナイツの社員でApex Legends物理カスタムマッチをやってみた!

上記フローにて物理カスタムマッチを行いました!!!

実際に社員パーティ同士でぶつかり合うことに成功した試合のみをまとめてます!是非ご覧ください!

 

チャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

 

cogme cup #2 Apex Legends が2021年7月21日(水)に開催決定!

カスタムマッチと言えば…..

 

弊社エイプリルナイツが主催する企業eスポーツチーム限定のカスタムマッチ cogme cup #2 Apex Legends を2021年7月21日(水)20時より開催いたします!
※もちろん正式に許諾を得たカスタムマッチですので物理カスタムマッチではありません(笑)

配信は同日20時より開始ですので是非チェックしてくださいね~!

※7/11まで参加企業募集中!!

 

 

PS:カスタムマッチ実装が待ち遠しいです。


弊社へのご質問、意見はこちらから

また、一緒に働く仲間も常に募集しています。私たちと一緒に楽しく働きませんか?
以下の詳細ページをご確認の上お問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)