【新卒ラッシュ2019】研修の様子をまとめて紹介【2日目・3日目】

新卒の緊張もほぐれてきた今日この頃・・・。研修もひと段落着いたので研修内容・様子をまとめた今記事を公開します!

それでは早速いきましょう。

【4月2日(火)】

1講義目

1講義2時間というハードなスケジュール。
今回は社内のメンバーにとある本を元に講師をしてもらいました!

 

 

ビジネスマナー研修
コミュニケーションに関して <営業:久保田>

一時限目は「コミュニケーション」に関する講義。

学生のコミュニケーションとは根本的に違うと言うことを説明。コミュニケーションというと一見「ことば」だけでなんとかなると思われがちですが、もちろん「伝えたい言葉」と「態度」を一致している事が重要です。

つまりコミュニケーションは言葉だけではない!

更に言えば声の大きさやトーン、速さも重要になってくるという内容でした。

併せて敬語の基本と題し、5つの敬語の型を覚えてもらう事に。

「尊敬語」「丁寧語」「謙譲語①(伺う・申し上げる型)」「謙譲語②(参る・申す型)」「美化語」

この5点をそれぞれ詳しく解説!学生ではあまり触れてこなかった言い回し方を学びました。

「きちんと礼儀正しく話さないと・・・」というプレッシャーから不自然な敬語になるケースも珍しくない為、注意する点や気をつけるべき点を重点的に解説していました。

2講義目

ビジネスマナー研修
「話し方・聞き方」に関して <メディア事業部:菅原>

次はメディア事業部の菅原による「話し方・聞き方」講座!

会話は話す順番によって、相手の理解度が大きく変わります。「結論から話す」ことを意識するだけで情報が伝わり易くなります。結論や概要が分かっていることによって話の主題や目的を知る事ができ、イライラすることもなくなります。

また、相手に正しく理解してもらうには「具体的」に話す事もポイント!会話中に例え話を織り交ぜたり・・・。と菅原の実体験に基づく内容でした。
更に「あとよし言葉」も重要です。良いことと悪いことを話すときは良いことを後に話す方が良いのです。たとえば・・・。

「菅原さんって良い人なんだけど口調がキツイよね」

「菅原さんって口調がキツめだけど良い人だよね」

いかがでしょうか。言葉としては後者の方が良い印象に受け取れます。プラスの言葉で締めくくるだけで印象もアップするのです。

3講義目

ビジネスマナー研修
「報・連・相」に関して <営業:中村>

この日最後の研修は営業の中村による「報連相について」

時間は15:00を過ぎたころ。完全に眠気がピークの新卒でしたが1日中元気すぎる中村のお陰でパッ!と目を覚ますことができました(笑)

「指示を理解することは、仕事をやり遂げる第一歩」

この言葉から始まったこの講義では仕事をするにおいて超基本的な「報告・連絡・相談」の3点に絞った講義を行いました。

5W3Hを意識し、5W3Hに従ってメモを取る事を癖付けることによって業務の効率化が図れると中村は言います。変に分かったりするふりをしてしまうとビジネスマナー的にも仕事をする上でも良くないので最後に指示の結論を確認するようにしましょう。

また、よくありがちな例として「指示を受けている途中での質問」はNGです。気になる点があったらまずはメモを残して後でまとめて質問するように心がけましょう。また、すでに取り組んでいる作業があるのにも関わらず別の作業の指示を受けることもあります。どちらが優先なのか迷うときはその場で確認することも大切。自分で考えるよりも迅速かつ確実です。

業務によっては「自分にはできない」「こんなの無理だ」というようなハードルの高い指示を出されることもあります。このような時も積極的に取り組むようにしましょう。仕事に取り組むことによって成長することを見越してあえて指示を与えている場合もあるのです。

1講義目

【4月3日(水)】

ビジネスマナー研修
「身だしなみ」について <人事:三原>

どんどん行きましょう。研修3日目!

 

まずは三原による「身だしなみ」に関する講義からスタート!


新卒の服装も『自分が思うオフィスカジュアル』をテーマに出勤してもらいました。
身だしなみに関する大切なポイント
・清潔感
・機動性
・上品さ
がクリアできているかを確認し理想である色数を伝授。


次に身だしなみの乱れ注意ポイント
・ヘアスタイル
・ヒゲ
・下着
ここで言う下着はTシャツなどのインナーです。生乾きのシャツは着て来ないようにしましょう。当たり前ですね。

弊社は基本どんな格好でもOKなので(裸はダメです。)最低限の服装であればラフな格好でも大丈夫です。ただし、プライベートと同一視は出来ないので一般的に言われている「ビジネスカジュアル」に留めておいた方が無難ですね!

スウェットはダメだよ。

その他「カバンの中身は必要最低限な物だけ入れ、整理しましょう。不要なものは入れない。」のお話などがあり講義終了。

2講義目

ビジネスマナー研修
ビジネス文書・メールの基本 <イベント事業部:岡持>

午後の部で昨日に引き続き眠くなってきました~!!!頑張れ~!

本日3日の研修はコレで終わり。最後は「ビジネス文書・メールの基本」をイベント事業部の岡持より教わります。

 

ビジネス文書の書き方の要点として「名文よりも良文」を心掛ける事が大切です。

①名文じゃなくても良い点が伝わればOK!
②過去の定型文を生かして時間短縮
③用事・用語の使い方を正しく理解、利用

以上を心掛ければビジネス文書の達人になれる!と力説。

また、結論から始まり短く分かり易く書くこともコツです。更にここでも5W3Hを意識すれば内容が具体的で伝わりやすくなります。

社外向けの文書と社内向け文書でも書き方は異なります。社内文章はいわば「身内」の人が読むもの。堅苦しい挨拶などは無くして内容を分かり易く伝えることが重要となります。最低限のルールは守らなければなりませんが!

通常業務に関する文章なら「ですます調」で十分。前文と末文も原則不要。もし入れるのであれば定型文よりも自分で考えた言葉を入れるのが良い。という文章の作り方や基礎を教えてもらい、新卒たちも最初と比べかなりメールや文書に対しての理解度が深まったように見えました。

テスト

それでは2日(火)~3日(水)にかけて行ってきたビジネスマナーを元にテストを行います。どれくらい理解できているかな・・・?

最下位の人には4月19日に行われる全体総会のLTが3分から7分に増量されます。(もはやLTではない)

 

みんなかなり悩んでいる様子・・・。

ということで時間が来たので終了!早速、最下位の発表…

 

ドドドドドド

バン!

「柘植亮宏~!87点で最下位!!」

マジ~!?!?

まさかのインターンでエイプリルナイツに早番していた柘植くんが最下位でした。しっかりしてくれ。

 

ということで、2日間にわたって研修を行ってきましたが学生から新社会人になった新卒にとってはかなり有意義で為になったのではないでしょうか!(それに気付くのは本格的に働き始めてからかな?)隣で記事を書いていた僕、ひじきぼーいもかなり学べることが多く改めて研修は大切だな・・・と感じました(笑)。

 

頑張れ新卒!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)