知らなかった!幕府と戦うために造られた九州の名城「小倉城」行ってきた!

こちらの記事は社員からの寄稿記事になります。

みなさん、こんにちは。きたろです。

今年のゴールデンウイークは過去最長の10日間ということで、いかがでしたでしょうか?
旅行に行く者、仕事をする者、家でゴロゴロする者、ゲーム三昧で過ごす者…。

弊社の社員もそれぞれのゴールデンウィークを過ごしたかと思います。

新卒のえきべんこと柘植、きたろ、「マル知る!」編集長の菅原の3人はお仕事で九州は福岡、小倉まで行ってまいりました!
今回はその模様を記事にしていきます。それではどうぞ!

移動

お仕事は4/27.29の二日間
ゴールデンウィークということもあり、飛行機が取れず私たち3人は新幹線で移動することとなりました。
新幹線での移動は、東京~小倉間なんと約5時間

元サッカー日本代表本田選手並みのメンタルで新幹線に乗ります。

(本当はつらい)

往復で10時間は極悪ですね…笑
ですが、柘植は出発前からワクワクした表情をしておりました。

柘植
「新幹線とかあんまり乗らないし、めっちゃ楽しみですね!!!」

確かに、普段の生活では新幹線に乗ることはあまり無いので、楽しみに感じてる柘植は子供のようで可愛かったです。

が、

…。

……。

………。

移動時間の8割ほど柘植は寝ていました。
なにが楽しみだったのかわかりません。常人には理解できないこともあるんですね。

到着

約5時間の時を経て、JR小倉駅に到着しました。

「はぁ、疲れた。」


小倉駅にはこんなパネルが…ご当地レンジャーのお出迎えです。

改札を出ると、銀河鉄道999の模型やキャプテンハーロックの銅像などが置いてありました。


作者の松本零士さんが小倉に住んでいたということから記念で置いてあるらしいです。
モノレールには銀河鉄道999のイラストが模されており、前面部には車掌さんが…。好きな方にとってはたまらないのかも!!!

1日目

終日お仕事だったので端折ります。

2日目

お仕事は1日目と3日目だけであり、2日目は何もすることがありません。
時間も余っているし、せっかく北九州まで来たので・・・

小倉城に行ってまいりました!!

小倉城

小倉城は戦国末期(1569年)、中国地方の毛利氏が現在の地に城を築いたことから始まる。その後、高橋鑑種や毛利勝信が居城した。関ヶ原の戦い後の1602年、同戦いの功労で入国した細川忠興によって、七年かけて本格的に築城が行われ、南蛮造の天守閣が築かれた。
細川氏の熊本転封の後、1632年に譜代大名である小笠原忠真が入城し、以後幕末まで小笠原氏が居城した。1830年代には天守閣が焼失し、1860年代には幕末期の混乱により小倉藩は自ら城を焼却した。
明治時代から戦前には、歩兵第12旅団や第12師団の司令部が城内に置かれた。戦後になり、1959年に市民の熱望によって天守閣が再建された。
※wiki引用

散策

私は歴史についてあまり詳しくはないのですが、戦国無双や戦国バサラというゲームを遊んできたので城というだけで少しテンションが上がります。

小倉城は周囲8kmにも及ぶ川や堀、海に囲まれています。こういった構造は、本丸を拠点とした戦さ場としての機能を備えており、築城者の細川忠興(外様大名)が幕府と戦うことを前提に築城したのが素人目でもわかりました。激熱な時代背景ですよね。
実はこの細川忠興、関ヶ原の戦いでは西軍相手に首級136(簡単に言うと、136人なぎ倒した)をあげるなど、現代人から見ても恐ろしい人です…。

城の造りは「唐造り」で、最上階が外にせり出しています。全国唯一の形なんだとか…。
ちょっとオシャレに感じますね!

細川忠興が城主を務めた後は徳川家康の親族で大坂冬の陣にて奮闘し、家康に「鬼孫」と称された、小笠原忠真が就きました。他にも忠真に仕えた巌流島の一騎打ちで有名な宮本武蔵や、小倉藩の剣術指南役の佐々木小次郎など、小倉は数多くの武士がいたようです。

城の中には展示物や体験コーナーもあり、どなたでも楽しめるようになっていました!


小倉城のマスコットキャラクター「とらっちゃ」と記念撮影をしたり、コスプレができたり、流鏑馬の体験ができたりします。

天守閣からの景色も素晴らしいものでした‼
この日は博多ラーメンを食べてホテルに帰りました。美味しかったです!

弊社の菅原は粉おとしの英訳が秀逸と言ってました。

3日目

この日もお仕事だったので割愛。
食べたものはもつ鍋です!

雨の日が多かったのですが、小倉駅周辺は屋根付きの通りが多く、傘がなくても安心でした!!

まとめ

今回お仕事の関係で福岡は小倉に参りましたが、いろんな発見をすることが出来ました。

歴史的に重要だった場所であり、歴史好きな方にもお勧めできるスポットです。城をはじめとした小倉の土地そのものが城下町として機能していて面白かったです。

また、銀河鉄道999が好きな方にとっても楽しめる場所だと思います。新幹線のホームでは銀河鉄道999の歌がオルゴール曲で流れ、作品をあまり知らない私も感激いたしました。
福岡といえばラーメンや明太子、もつ鍋が有名ですが、博多まで行かなくても小倉で堪能する事が出来たので、これを読んだ皆さんも九州方面へ行かれる際は是非、小倉に行ってみてください‼

それでは✋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)