≪動画≫LEAGUE of LEGENDS企業対抗戦 エイプリルナイツvsエスティーエー in esports Japanに参加してきました!

こちらの記事は社員からの寄稿記事になります。

こんにちわ!dayoです!

今回は!

「LEAGUE of LEGENDS企業対抗戦 エイプリルナイツ vs エスティーエー in esports Japan」

に参加してきました!

会場は、秋葉原「esports Japan」で行われました!

特徴
ゲームプロダクション株式会社が esportsの更なる普及推進のために 秋葉原にOPENしたesports施設。
ハイスペックPC、NURO光回線完備し 6対6のゲーム対戦が可能。
260インチ特大スクリーンを映し出す プロジェクターに音響施設も用意。

実際の会場の様子。プロジェクターが中央に設置されており、試合の様子を観る事ができます。

イベントの様子をピックアップしてご紹介!

まず最初はオープニング!

司会を務めるのは、
エイプリルナイツ配信チーム GLR-2 の田辺(りこぴん)!

なんと田辺さんは本イベントが初の司会。(ものすごくベテラン雰囲気があるんですが…!?)

各チーム代表が自社紹介と意気込みや、
実況:Vashyronさんと、解説:rainbrainの登場。
さらにスペシャルゲストのサプライズ登場で会場が盛り上がってきました!

試合はもちろんお互い真剣勝負…!
真剣な表情で試合に挑みます。

試合内容や実際のイベントの様子は、是非動画でご覧ください!

 

今回、選手として参加させていただきましたので、
せっかくですので一人の選手として会場の感想を書かせていただきます…!

◆試合の内容について

1,2試合目は対企業代表チームのガチンコ対決。
我々はこの日のために練習を行い、かなり良い感じに仕上がっていました。
序盤は五分五分くらいの状況でしたが、中盤からエスティーエーのチーム力に圧倒されて、1試合目は惜しくも敗北。
TOPとBOTを育てて試合を崩していく想定で動いていたのですが、BOTのレーン戦でかなり厳しい状況になってしまい、そのままズルズルと試合を崩されてしまいました。

試合後にスペシャルゲストの方々から試合についてコメントを頂きました。

2試合目はうちのエース、TOPのyasu112233選手に試合を託す事にしました。
2試合目の前にyasu112233選手から「ケイル」を使いたいと相談があり、とにかくケイルが16LVまで育つまで耐えて、試合を崩さないように序盤中盤は無理せず丁寧に試合を進めていきました。
この作戦が見事成功して、yasu112233選手の無双で見事勝利しました!

結果は1勝1敗で3試合目はお互いのチームメンバーのシャッフル戦。
お互い1名ずつ相手選手を指名して、指名されたレーンの選手を入れ替えるルールで試合を行うルールです。

 

 

交代する選手同士で、お互い熱い握手をして席に向かいました。

3試合目の結果ですが…、こちらは是非動画をご覧ください!

そして最後の4試合目はエキシビジョンマッチ
エイプリルナイツ&エスティーエー企業連合チーム vs スペシャルゲストチーム

社会人になってもゲーマーな私達は負けず嫌い!
勝利するため奮闘しましたが、序盤から圧倒的実力差で試合を崩されて敗北しました…悔しい!

もしエスティーエー、そしてスペシャルゲストの方々とまた戦う機会がありましたら、
リベンジしたいと思います!

◆会場について

そして今回利用させていただきました会場、秋葉原「esports Japan」についての感想です。

まずはPCとデバイス周りについてですが、
会場に用意されているPCスペックは申し分なく、机のスペースも十分確保されており大きめのマウスパッドやキーボードなども問題なく置けました。
会場によっては机が窮屈なところもあるので選手にとっては嬉しいポイント…!

対戦相手との席の距離についてですが、写真で見ると近く見えるかもしれませんが、ある程度距離があるためヘッドセットやイヤホンをつけていれば、対戦相手の声は全然気になりませんでした。

と2,3点上げさせていただきましたが、色々なオフラインイベントに参加させていただいた中で、秋葉原「esports Japan」はかなり良い会場だと思いました。
アクセスも良く選手側としても設備は完璧でした…!

もし都内でゲームイベントを検討されていましたら、私は秋葉原「esports Japan」をオススメしたいと思います!
ゲームイベントの会場に悩んでいる方がいましたら、検討してみてはいかがでしょうか…?

特徴
ゲームプロダクション株式会社が esportsの更なる普及推進のために 秋葉原にOPENしたesports施設。
ハイスペックPC、NURO光回線完備し 6対6のゲーム対戦が可能。
260インチ特大スクリーンを映し出す プロジェクターに音響施設も用意。

今回の記事はここまでです!
もしまた企業対抗戦に参加する機会ががありましたら、また記事を書きたいと思います!
お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)