J:COM主催 PUBG MOBILE交流大会 エイプリルナイツ女子PUBG部 参戦してきた!!

こんにちは、マル知る!編集担当の菅原です。
9月18日(水)にJ:COMこと株式会社ジュピターテレコムさん主催で開催された企業交流イベントに参加してきました。
そのイベントは・・・

「J:COM presents 第2回PUBG MOBILE交流大会」

多くの企業が参加し、PUBG MOBILE好きの社会人が集まるすごい規模の企業交流イベントとのこと。
J:COM presents 第2回PUBG MOBILE交流大会の詳細は、マル知る!の紹介記事をご覧ください!

大会に挑むメンバーはこいつらだ!

なんとこの大会にエイプリルナイツもご招待いただけたのです!
ゲーマーのゲーマーによるゲーマーのための会社、がキャッチコピーの弊社、これは参加しないわけにはいきません。
4人チームとして選抜されたメンバーがこちら!

福田“あっぷるみんと”
中嶋“reyona63”
中村“どっこい正一郎”
菅原“マル知る”

ゲーム好き企業として負けるわけにはいかない!と張り切る4名で結成されたのが「エイプリルナイツ女子PUBG部
eスポーツ、それは誰もが楽しめる平等かつ生涯楽しめるスポーツ。キュートな女子で勝ってそれを証明しちゃうゾ!

が・・・!

福田“あっぷるみんと”無念の病欠・・・!!!

まさかの病欠。しかもメンバーのなかで最もPUBG MOBILEをやり込んでいるのが福田“あっぷるみんと”なのです。
エース欠いたうえに、3人チームで参加とハンデを背負うエイプリルナイツ女子PUBG部。
だが、ゲーム好き企業として負けることは許されない・・・

写真、左から 中嶋“reyona63” 菅原“マル知る” 中村“どっこい正一郎

チーム名がエイプリルナイツ女子PUBG部なので菅原は女装しています。はい、私は男です。

会場、参加者、ゲスト、協賛企業がすごい!

大会の会場は東京 丸ノ内にあるJ:COMオフィスです。

素敵なオフィスの広いセミナールームに会場が設営されていました。入り口にはJ:COMスタッフ手描きのPUBGヘルメットサラリーマンがお出迎え。
続々と会場に参加者が集まり、開会式が始まったのですが・・・

この人の密度! すごい数の選手&応援の来場者!

大会の司会進行を務めるのはJ:COM e-sports部代表の徳原氏です。

第1回PUBG MOBILE大会は、J:COM e-sports部が社内大会として開催したとのことです。
30名超のJ:COM社員が集まり盛り上がったことで、第2回は外部の参加も募って大々的にやるぞ!ということになったそうです。

しかしこの参加者の密度、本当に大々的だなと思ったらそれもそのはず。参加企業、選手数がスクリーンに映し出されました。

15社超の企業より94名の選手のエントリー!
すごい。社会人大会と聞くと草野球みたいなイメージですが、ちょっとそれどころではない規模の参加人数ですよ。
そして続いてスクリーンに映し出されたのは、衝撃の映像。

取材媒体 APRIL KNIGHTS

弊社のロゴでかぁぁぁい!!!
J:COMさん、ありがたいですけどこれはちょっと恥ずかしいです!!!

そして司会に続き、実況解説のお二人が登場。

実況:プロストリーマー しょぼすけ氏
解説:プロゲーマー さんげーむさん氏

はい、どうみてもプロの実況解説です。草野球イメージがどんどん遠ざかっていきます。

続いて特別協賛企業が紹介されます。

PCパーツメーカー Cooler Masterが特別協賛。

優勝チームの選手4名にゲーミングキーボードMK750をプレゼントとのこと!
協賛企業からの優勝賞品がある!? グッバイ草野球! これはもう完全に本格的eスポーツイベントです!!!

そしてJ:COM 井村公彦代表取締役社長からのビデオメッセージがスクリーンに。
社長から参加者への御礼と激励の言葉が贈られました。
さらに、優勝トロフィーと副賞のワインも社長から提供されました。立派なトロフィーとお高そうなワイン・・・!

第1試合から盛り上がる展開に!

今回のルールはマップを変えて2回のゲームを実施し、1位・かつキル数が多いチームが優勝、となります。

会場はゲーム会場と観戦ルームに分けられています。
ゲーム会場はチームごとにテーブルが用意され、優勝を目指すPUBG社会人がひしめいています。
脱落したチームは隣の観戦ルームへ移動。観戦ルームでは実況解説といっしょにゲーム展開を観ることができるようになっています。

20以上のチームが集まる様子は迫力があります。
参加チームのなかで、エイプリルナイツ女子PUBG部の隣のテーブルのチームをご紹介いたします。

チーム「dentsu x E-1 HEROES」

こちらは電通さんと凸版印刷さんの連合チームです。
E-1 HEROESは凸版印刷さんの社内eスポーツ部の名前。J:COMさんと同じく、社内eスポーツ部が発足している企業が増えているんですね!
そして写真をよく見れば分かるのですが「ユニフォーム着用」「ゲーミングヘッドセット全員装備」とこちらのチームはガチです。
下馬評でも優勝候補の一角とされるdentsu x E-1 HEROES。リアル会場でのテーブルは隣ですが、ゲーム内では出会いたくないですね・・・

いよいよ第1試合が始まります。私、PUBG MOBILEのカスタムルームに90人のプレイヤーが入室してくるところを初めて見ました!

第1試合のマップはエランゲル。飛行機はマップ南のほぼ中央から、ポチンキの西側をかすめて北北西へ進むルート。
エイプリルナイツ女子PUBG部は激戦区を避けようとマンションへ向かって降下。するも距離が足りずややファームが出遅れてしまいます。
ドロップ運も悪く、なかなか装備が揃ずパルスに追い立てられるハメになってしまいました。
最終的にはシェルターの西側に収束している安地に向かってHPを削られながら走ると、安地内で待ち受けるチームと車で安地に向かうチームに挟まれることに。
前門のガン待ち。後門のヒャッハーモヒカン車ズ。

かくして第1試合は17位という結果に終わりました・・・

エイプリルナイツ女子PUBG部脱落後、ゲームは激化。
かなり安地が狭まっているのに、30名近いプレイヤーによる9チームが生き残っている状況も。
最後の2チームに絞られた時、生存者数は4名。1人vs3人の形になりました。
誰もが3人チームの勝利と見ていたのですが・・・

なんとプレイヤー スペクエ777選手が1人vs3人の不利を覆しての3人キル!
第1試合のドン勝はチーム「アラフォー軍団」となりました!

第2試合、の前に! まさかの追い賞品!

第1試合後の休憩中に、今回選手としても参加しているPUBG株式会社さんの井上氏より急遽の発表が!

なんと、第2試合では1位から4位のチームに、PUBGグッズ福袋が進呈されるとのことです!
ドン勝でなくとも4位まで賞品がゲットできる。この突然の追い賞品に参加チームは沸き立ちます!

そしてこちらは休憩中にお見掛けしたタイトル画面のコスプレをしている参加者の方です!

3Lvヘルメットにバックパック、そしてサラリーマン姿。
オトナが全力でイベントを楽しんでいます、最高にクールですね!

エイプリルナイツ女子PUBG部、奮戦!

第2試合のマップはミラマー。飛行機はロス・レオネスとウォーター・トリートメントを通過するルート。
ロス・レオネス上空で一気に降下人数が増えるの見て、大いにビビります。みなさん真向勝負か・・・
エイプリルナイツ女子PUBG部はジャンクヤードあたりへ降下。ここでそこそこのファームに成功します。
その後、安地はラ・ベンディタとインパラの間あたりを中心に収束を開始。
これに合わせて南下する際中、1チームと会敵。これを撃破し装備を充実させることに成功します!

安地はさらにロス・レオネスとインパラの間あたりへ向かって収束していきます。
この中盤に女子PUBG部は斜面や遮蔽のある良ポイントを押さえながら移動し、じわじわと順位を上げていきます。
この際、PUBGをやり込んでいる中嶋“reyona63”と、PUBGはそこまでやっていないのにサバゲー女子だからセンスがいいのか中村“どっこい正一郎”の二人の索敵と報告の良さが光ります。
菅原“マル知る”は2人に指示されるがままでしたw

最終的に安地はロス・レオネスとインパラの間のなにも建物も遮蔽もない所へ向かっていきます。
安地内へ各チームがなだれ込む中で、中村“どっこい正一郎”菅原“マル知る”は脱落・・・
中嶋“reyona63”は安地内の北側に匍匐状態でなんとか滑り込むことに成功。
狭くなる安地内では、ロス・レオネス側から来たチームがぶつかり合っている模様。
匍匐しながら他のチームが撃破されていくことを祈る女子PUBG部・・・

生存数が一桁になり、これは4位内に入っているのが期待できるのでは!?
そんな希望を抱いた時に、隣のテーブルで声があがります!

「いる!一人居る、匍匐してる!」

ゲェェェェェエエエエエ!!!!!
dentsu x E-1 HEROESチィィィム!!!

ロス・レオネス寄りの激戦を生き抜いた優勝候補筆頭チームの銃弾が中嶋“reyona63”を襲う!

そして・・・

 

 

 

エイプリルナイツ女子PUBG部 4位入賞!!!

参加者の興奮冷めやらぬ閉会式!

社会人のPUBGのお祭りもいよいよラストの閉会式です。
PUBG株式会社 井上氏より、第2試合の入賞チームへPUBGグッズ福袋が進呈されます。

まずは4位!

エイプリルナイツ女子PUBG部!
最後の最後、中嶋“reyona63”が見事4位に滑り込んでくれました!

続いて3位!

チームアスミッくん!
あのラスト、狭い安地の中で奮戦! 3位おめでとうございます!

そして2位!

dentsu x E-1 HEROES!
2位おめでとうございます!
・・・え、このチームが1位ではない、ですと・・・?!

気になる1位は・・・!

謎の女チーム!
ほんとに謎なこちらのお二人は、当日のシークレットゲストの方々でした。
基本4人チームの大会ですが、謎の女チームは2名チームとハンデありでの参加。
しかしハンデをものともせずキル数6での第2試合ドン勝!
キル数で第1試合のアラフォー軍団キル数4を上回るため、総合優勝となりました!おめでとうございます!!!
人数差も知識や判断力、操作技術で覆してしまうんですね。流石のゲストです。

 

実況しょぼすけ氏、解説さんげーむさん氏からは「ぜひ第3回も開催して欲しい!」とのコメントが。
これに対して、参加者たちから同意の歓声があがりました!
J:COM presents 第3回PUBG MOBILE交流大会が開催されるならば、もちろんエイプリルナイツ女子PUBG部も参加して次こそドン勝を獲りたいですね!

オトナも本気でゲームで遊びたい!

今回参加して感じたのは「参加者の皆様、本気で楽しんでいる!」ということ。
社会人になると、なかなか本気で遊んだり、初対面の人と遊ぶという機会は減ってしまうもの。
社会人は本気で遊ぶ機会に飢えている!ということですね。
きっとこのムーブメントは広がって、J:COMさんだけでなく社会人ゲーム交流イベントを開催する企業は増えるのではないでしょうか。
もちろん、弊社エイプリルナイツも社会人ゲーム交流イベントを企画・開催していきます!

次の社会人PUBGイベントがあった時には、ぜひエイプリルナイツ女子PUBG部と戦ってください!

 

 

J:COM presents 第2回PUBG MOBILE交流大会の詳細は、マル知る!の紹介記事をご覧ください!


J:COMさんが大会の様子をPVにまとめてくださりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)