動画制作案件承ります!!お気軽にご相談ください!!

いつものテイストとは違う感じですが…

 

「動画」を作りたいけど、制作会社とどのような工程で進めていくのか分からなくて不安という方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、弊社における動画制作の流れやフローをご紹介します。今まで動画を依頼したことがないという方も分かりやすいように紹介しますので、この記事を読んで是非動画制作、ご依頼ください!

動画制作の流れ

まずは、問い合わせをしてから発注するまでの流れについて紹介します!

 

ヒアリング

ヒアリングは主に下記の点を明確にしていく大事な工程です。

はじめに、弊社の映像クリエイターと綿密な打ち合わせを行います。
依頼者と制作側でイメージをすり合わせ、どういった動画を制作するのかを決めていきます。

・予算
・動画を制作する目的
・動画の利用用途
・コンセプト
・ターゲット
・動画制作で重視するポイント
・納期

ヒアリングの際にしっかりとイメージを伝えていただくことで発注側と制作側の完成イメージをできる限り近づけることでができ、後から修正する回数も減ります。動画の詳細イメージができていなくても、目的や制作した動画をどう活用するかなど、完成した際の発注側の納得感を得られるようにヒアリングいたします。

企画構成・見積提案

企画構成は、動画制作の設計図とも言えるもっとも重要な工程です。
ヒアリングした内容を基に「動画のテイスト」を絵コンテや台本を通してご提案いたします。この時に「撮影や編集にかかるお見積り」もご案内します。
また、予算もあらかじめ伝えておいていただけると、制作側も予算に応じた動画内容をご提案することが可能です。
予算オーバーしないか心配もないので、スムーズに話を進めることができます。
※平均的な制作依頼における予算感はこのあと紹介しますが、弊社は破格の30,000円~より受注可能です。

発注

提案内容に問題がなければ正式に発注となります。

撮影

撮影する必要があれば素材撮影を構成に基づきカメラマンやアシスタント、その他スタッフで撮影を行います。

撮影には発注側が同席し、撮れたものを確認しながら進めるケースもあります。そうすることで制作側と発注側で完成イメージのすり合わせができ、動画が完成してから「想像していたものと違った」という事態を避けることができます。

会社PR動画などでは社内で撮影、制作側が用意したスタジオを使う、ロケ地を確保して撮影など様々な方法があります。
※他にも出演者に関しては、社内の人物か、役者やインフルエンサーを使うかによって費用は大きく変わります。

動画編集

ここまでの工程を踏まえ、ようやく編集を開始!撮影した動画を構成に沿って編集を行います。

初稿の提出

初稿提出の結果を受けて、修正や微調整などの最終的な編集をしていきます。初稿、第2稿…と完成に向けて進行します。

MA作業

映像の大元が完成したら次はMA作業です。BGMやSE(効果音)を映像に付け足していきます。

納品

MAが終わり映像が完全に出来あがったら納品となります。
YouTube用やCM用などの使用用途によってどのような納品形式か変わります。
基本的にはヒアリング時に伝えられた方法で納品をします。

※動画の総尺や規模感にもよりますが、ヒアリングから納品まではおよそ2週間〜1ヶ月ほどを目安にしていただけますと幸いです。

動画制作の相場

制作する動画のジャンルや構成によって総製作費が変わりますが、一例をあげてご紹介します!

ジャンル:社員インタビュー動画(実写)
総尺:2分
制作側の担当範囲:企画、撮影、編集、+α
一般的な相場:20万~
弊社の場合ですと上記の構成であれば3万円~ご案内可能です!
それほど凝った演出や編集を必要としない場合が多く、カメラマン1人~2人、アシスタント、撮影後の編集などが費用に含まれます。

ジャンル:セミナーやイベントの撮影(実写)
総尺:1~2時間
制作側の担当範囲:企画、撮影、編集、+α
一般的な相場:50万~
弊社の場合ですと上記の構成であれば12万円~ご案内可能です!
1~2時間を超え、複数のアングルから撮影したり、途中に資料を挿入して編集したりすることもあり、撮影・編集に携わるスタッフや機材の数も多くなります。

ジャンル:WEBムービーや会社の紹介PV、PR映像など
総尺:1分
制作側の担当範囲:企画、撮影、編集、+α
一般的な相場:50万~
弊社の場合ですと上記の構成であれば20万円~ご案内可能です!

動画の質や長さ、音響効果、ナレーションなどによって費用が大きく変わってきます。
また、映像の長さに加え、遠方での撮影であったり特殊な機材(360°カメラなど)を使う場合や、編集の段階で高度なエフェクトや視覚効果を加える場合は100万円を超えることが多いです。

ジャンル:YouTube番組制作や配信アーカイブの編集など
総尺:~10分
制作側の担当範囲:企画、撮影、編集、+α
一般的な相場:15万~
弊社の場合ですと上記の構成であれば3万円~ご案内可能です!

現在は世の中の状況的に競合が多いこともあり比較的低価格で発注することが可能です。
ちなみにYouTubeの調査によると、あまり長い動画は視聴者に好まれない傾向にあり(例外あり)、よく視聴される動画の長さは1分30秒から長くても4~5分程度という調査結果があります。

1本のみからのご依頼もお受けいたします!
ゲームが大好きなクリエイター陣が制作するためゲーム配信動画やYouTube番組制作などは非常にオススメです!

弊社における制作実績

他にもスマブラのプロゲーマー、しゅーとん選手の動画編集など、多くのお客様から支持をいただいております!

作例紹介1

凸版印刷株式会社 様からは凸版印刷主催eスポーツリーグ「Aflter6League」のPUBG MOBILE部門、ブロスタ部門にて動画編集を担当させていただいております。

作例紹介2

YouTube番組制作や会社紹介PVなど

作例紹介3

作例紹介4

作例紹介5

作例紹介6

その他の詳しい実績に関しては、お気軽にお問い合わせください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)