喜多の懐かしのゲーム紹介 〜League of Legends〜

こちらの記事は社員からの寄稿記事になります。

こんにちは!きたろです。

早速ですが、今日は僕の懐かしのゲーム紹介というよりは好きなゲームを紹介したいと思います。

知名度が高くて申し訳ありませんが、そのタイトルは‼

”League of Legends”(以下LoL)

プレイしている人には少し退屈な内容となりますが、LoL未経験の方向けに、プレイしていただきたく一生懸命書きますよ☺

”League of Legends”のプロフィール

タイトル:League of Legends
リリース:2009年10月27日(北アメリカ)
     2017年3月1日(日本サーバー正式版サービス開始)
定価  :基本プレイファッキン無料!!! by JapaneseKoreanUG
開発  :Riot Games
本体  :PC
ジャンル:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOVA)型ゲーム

概要

League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)は、アメリカ合衆国のゲーム会社Riot Games(ライアットゲームズ)が開発したWindows、macOS用のマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)型の基本プレイ無料ゲームである。略称:LoL/ロル

多くのゲームレビューサイトなどで高評価を得ており、2012年、世界で最もプレイヤー数の多いPCゲームとされている。 米国ではプロスポーツ選手用のビザが認定されるなど、プロゲーマーが競い合うエレクトロニック・スポーツの種目としても注目されている

※Wiki参照

現在は世界で1億人がプレイしているらしいです…。
末恐ろしいですね(笑)

ゲーム内容紹介

ゲームの内容を紹介することが最も難しいと感じています。
なので、僕らしくざっくりと書くので、それなりに理解してください(笑)

サモナーズリフトという基本的なゲームモードを説明していきます!

ルール

本当にざっくり書きます。

5人vs5人で敵の本拠地(ネクサス)をぼっこぼこにすれば勝ち!
以上っす。(笑)

イメージは”Clash Royale”のキャラクターを自分で操作する感じ…。
一試合ごとにすべてのプレイヤーがLv1からスタートし、敵プレイヤーやミニオン、モンスターを倒すことによって経験値とゴールドを集め、武器・スキルを強くして相手の拠点撃破を目指します。
2Ⅾ系対戦型MMORPGと言ってもいいですね。

ミニオン

代表モンスター”バロン”

 

 

 

 

 

僕のイメージは、友達とよくFPSゲームをしていた人や、バスケットボール・サッカーなど集団スポーツをしていた人がハマりやすいイメージがあります。

 

 

戦略ゲームでもあるので、プレイスキルよりも知識・戦略を身に着けるほうが上達しやすいです。
やはりe-sports、頭が良い人が有利か…?

では、詳しいゲームの内容について説明をしていきます。

ゲーム進行

マップはこのような形になっております。

 

三つの道があるのがわかりますでしょうか、その道の事を”レーン”というのですが、それぞれ上からTOPレーンMIDレーンBOTレーンと言います。また、レーンではない森の事をジャングルと言います。

ゲームの進行は、5人で役割分担をする事で効率よく相手より経験値とゴールドを多く獲得し、レベル・アイテム差をつけて本拠地を壊しやすくしていきます。
役割ごとに名前も決まっており、TOPレーンで戦うtop、MIDレーンで戦うmid、BOTレーンで戦うadc、ADCを補佐・チームの雑用support、ジャングルでモンスターを狩りながらすべてのレーンを補佐するjunglerの5つです。5つの役割をゲーム開始前に相談して決めます。

ゲーム中は自分と味方、トリンケット(監視カメラみたいなもの)が無いところは視界がなくなってしまいます。特にジャングルの中!!!
視界がないところから突然敵が現れることもあるので、視界を確保することも大切です。

各レーンのタワーを壊して、ネクサスを目指し、仲間と協力してチームで戦いましょう!

チャンピオン

それぞれのプレイヤーが使用するキャラクターをチャンピオンと呼びます。

LoLには多種多様なチャンピオンが存在します。ちょっと紹介しますね。

なんか主人公っぽいガレン

人気の九尾アーリ

みんなの憎まれ役ティーモ

セクシー代表イブリン

日本人といえばヤスオ

丹羽さんが好きなオレリオン・ソル

体力自慢、アサシン、魔法使い、ガンナー、まず人型じゃない、チャンピオンごとに使えるスキルやモーションが違うので飽きません!
そして、それぞれにストーリーがあるので知ることによって世界観も味わうことが出来ます。

さらになんと!!!!

チャンピオンの総数は143体です。多っ!!!!!(2019年4月12日現在)

ちなみに、僕が一番好きなチャンピオンはフィズです。サカナサカナサカナー!

おすすめポイント

①圧倒的無料感

完全にこれです!

公式でも売りにしている点ですが、

強くなるのに課金は不要!

 

初めからチャンピオンがすべて使えるわけではありませんが、ゲームをプレイすることで手に入れることが出来るBE(ブルーエッセンス)で開放することが出来ます。
知識・戦術を身につければ、課金をせずとも強くなることが可能です!

また、ゲーミングパソコンでなくてもプレイできるロースペックモードを搭載していますので、わざわざハイスペックなゲーミングパソコンを購入する必要もありません!

YouTubeやtwitchでは多くの方がLoLで動画を配信しています。初心者講座などもあるので沢山見て勉強することが上達への近道かもしれません。

②内部レートによるマッチング機能

LoLではランクという階級制度があり、階級を上げていくことで自分の強さを相手に見せることが出来ます!
ランクはシーズンごとにリセットされるので、いつ始めても階級を上げられます。
僕も頑張って頂点であるチャレンジャーになりたいです~👨(ちなみに、僕はブロンズ♡)

目に見える階級に加え、内部レートが存在します。

常に自分と同じレベルの相手と戦うことが出来るので、初心者でも気軽にプレイすることが出来ます!

ですが、自分とは遥かに違うレートの人とマッチングすることもあります。
ギスギスゲームともいわれる所以が垣間見えるかもしれませんが、優しい心でプレイしましょうね(笑)
しかし、わからないことを質問したり、チャットで話すと仲良くなれることが多いゲームだとも思います。
コミュニケーションは大切ですね。

③スポーツ感

実は、僕はゲーム経験が少ないです。コンシューマー機のゲームもあまり持っていませんでしたし、PCに触り始めたのも大学生の時なんです。高校生まではずっとサッカーをやっていました!⚽

ではなぜ、こんなにもLoLを愛してやまなくなってしまったかというと…

完全にスポーツだからです。

初めに友人からプレイを勧められたときは、後ろに立ってもらいながらゲームをしたのですが、操作が難しく面白さを感じられなかったのです。しかし、時間をおいて今度は友人と一緒にプレイしてみると、めっちゃ面白かったんですよ。

理由は二つあって、一つはシンプルに友達と一緒にやるから

もう一つが、チームで共通意識を持ちながら戦略を立てて勝利を目指す工程がサッカーに似ていたからなんです。

LoLはゲームではありますが、スポーツ要素が本当に高いゲームと感じています。
なので、スポーツをよくやっていた方(特に集団競技)は同じような気持ちになってくれるのではないかなと思いました。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

多分うまく伝わってないと思いますが、僕のLoLに対しての熱量だけ感じてほしいです!(笑)

実際に自分でプレイすることがハマるための近道ですので、興味を持った方、ぜひ友達と一緒にプレイしてみてください!
何なら僕もお供するので、なんとかコンタクトとってください。お願いします( ˘•ω•˘ )

弊社は先日、LoLの企業対抗戦に1チーム参加し、勝利をおさめました!
僕も大会に出られるような実力を早くつけたいです!!!

LoLがオリンピック競技にならないかなあ…。

世界中の人がゲーム大好きになればオリンピック競技になると思うんですけどね☺

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)