≪動画≫社内超白熱バトル!第1回インターフォン誰が一番上手に出れるか選手権

皆さま、受話器ってご存知でしょうか。
受話器とは電話機の受信用の音声再生装置の事で送話機とも呼ばれているそうです。

とまぁ、世間一般的に知られているであろうこの受話器ですが、弊社は建物の入口がオートロック式になっており訪問先のインターフォンを鳴らし、訪問先がドアロックを解除しないとビル自体の入口が解錠されないようになっています。
そして、そのインターフォン越しでお客様を打ち合わせ場所へ誘導するという仕組みになっているわけです。

今回、この受話器を使ってとある企画を思いつきました。
題して

です。

何言ってんだ。って思っている方に向けてルール説明をします。いたってシンプルです。

ルール説明
・来客時に鳴るインターフォン(受話器)を取りお客様を誘導する
・誘導が丁寧(上手)かを審査員である「総務の春香さん(怖い)」に審議してもらいます。

審査基準はポイント制です。
誘導ポイント+審査員 春香(怖い)のポイント+ひじきぼーいのポイント(各最大10ポイント(合計30ポイント)を足し、合計ポイントが一番高い人が優勝です。
尚、優勝賞品等はありません。甘ったれてはいけません。常に丁寧にご誘導するのがマナーです。

という事で早速選手の入場をご紹介しましょう。

ひじき
ちなみに解説は私、ひじきぼーいが1人で行います。よろしくお願い致します。

エントリーNo.1 人事/三原 拓也

まずは、えけすぽ!の運営より、「うめ吉」こと三原が先陣を切りました。

三原コメント
頑張ります。
ひじき
頑張ってください。

エントリーNo.2 営業/久保田 心平

豆板醤を咥えての入場!いつも顔がゴリラorハリウッドザコシショウと周りからバカにされている久保田です。顔が四角いのが特徴的です。

久保田コメント
ツモ!タンヤオ三暗刻ドラ8、役満だぁ!!!
ひじき
ゴリラ顔のハリウッドザコシショウ。

エントリーNo.3 メディア運営/菅原 聡

弊社最年長の菅原です。とてもではありませんが39歳には見えない。

菅原コメント
え?大人なら出来て当たり前では?
ひじき
なかなか強気だ….。

エントリーNo.4 営業/植村 菜穂

若手営業、植村です。今年の目標は「契約をいっぱい取る」との事。打ち合わせ時の誘導から契約取得のカギとなりますので気になるところです。

植村コメント
やりたくありません。
ひじき
うるさい。

エントリーNo.5 フロントエンジニア/瓜田 駿亮

フロント周りの教頭、瓜田。周りからの信頼も厚いです。お嫁さんの手料理が美味しく、入社してから20kgほど太ったそう。

瓜田コメント
何が何だか分からないですが頑張ります。
ひじき
彼にはルール説明を一切していません。雰囲気を見て頑張ってください。

エントリーNo.6 SES営業/中村 勇

いつも久保田とどちらが太っているかと競い合っている中村です。「今年は痩せる」との事ですがノイローゼになるくらい聞いたことがあります。

中村コメント
普通に考えて、営業なんで。出来るのは当たり前かと思います。なんなら他の方たち頑張って欲しいっすね。まぁ、僕が一番上手なのは人類不変の真理でありますので、今回を機に不変の真理が証明されたのではないかと存じております。私にかかれば電話対応なんて朝飯の前の前の前の前くらいの感覚なので、皆様私を見本としてこれからの人生を謳歌して頂ければと思います。長くはなりましたが、エイプリルナイツの電話対応の見本として当たり前のことを当たり前に。更に言えば体に染みついている事なので、息をしているようなものです。これからもエイプリルナイツをよろしくお願い致します。そして、私は細マッチョでイケメンになります。瓜田見てろよ。ライバルはお前だ。
ひじき
長すぎでしょw

 

 

ということで以上6名の選手で競い合っていただきます。

それでは早速こちらの映像をご覧ください。

※この動画はフィクションです。
※迷惑になることを考慮した上、インターフォンの音は編集で付け足しており、実際には鳴っていません。
※また、実際に会話している相手もいない為、全アドリブとなっています。

 

以下ネタバレになりますので動画を見ていない方は先に動画を見ていただくことをお勧めいたします。

 

\結果発表/

ひじき
ということで全選手、終了しました。ここからは総務と審議タイムです。

エントリーNo.1 人事/三原 拓也 

誘導ポイント:6
審査員 春香ポイント:5
ひじきぼーいポイント:4
総合:15ポイント

ひじき
カメラ目線になったのでひじきぼーいポイントから-6ポイントです。また、訪問営業は実際に受け付けていません!!!!

エントリーNo.2 営業/久保田 心平

誘導ポイント:7
審査員 春香ポイント:5
ひじきぼーいポイント:2
総合:14ポイント

ひじき
「ビリヤード台前」が言えず「ビリヤード台m…」でつっかえたので-5ポイントです。あと顔がゴリラなので-3ポイントです。

エントリーNo.3 事業部 メディア運営/菅原 聡

誘導ポイント:9
審査員 春香ポイント:8
ひじきぼーいポイント:8
総合:25ポイント

ひじき
非常にスムーズで聞き取りやすい声、音程、誘導を意識されていますね。流石最年長!1つだけ上げるとすればメモを手に取ったのはポイントを稼ぐ為の偽りだったという事でしょうか。-2ポイント

エントリーNo.4 営業/植村 菜穂

誘導ポイント:6
審査員 春香ポイント:6
ひじきぼーいポイント:5+2
総合:19ポイント

ひじき
まだ受話器を取ってご案内するのが不慣れな植村。最後の「失礼致しますぅ↑」が関西弁で可愛かったのでボーナスポイント+2点です。

エントリーNo.5 フロントエンジニア/瓜田 駿亮

誘導ポイント:0
審査員 春香ポイント:9
ひじきぼーいポイント:9
総合:18ポイント

ひじき
運営陣としても予想だにしないご案内でした。残念ながら追い返してしまった為誘導ポイントは0ポイントですが、面白かったので9ポイントです。

エントリーNo.6 営業/中村 勇

誘導ポイント:0
審査員 春香ポイント:0
ひじきぼーいポイント:0
総合:0ポイント

ひじき
途中までは良かった(?)のですが、最後の「失礼します」の所で音が割れる程のdb(デシベル)が発生した為0ポイントです。これではお客様もビックリしてしまいます。

 

ということで、優勝は

25ポイントを獲得した「メディア事業部 メディア運営の菅原」です!おめでとうございます!!

総務 春香からのコメント
丁寧な言葉遣いあることは勿論、これからお客様をお迎えするという温かな気持ちが込められており、それはまるで家電量販店に来たかのようなノスタルジアを感じさせてくれました。
彼の接客におけるホスピタリティはすべてのビジネスパーソンに求められるスキルではないでしょうか。
来客対応とは、インターフォンを鳴らした人をただ誘導すればいいというものではありません。
お客様にとって、最初に対応する人は自社のファーストイメージとなります。
例えば、旅行先のホテルのエントランスに立っている従業員の対応が悪かったらその旅行は楽しいとは言い難いものになりますよね。
ですので、来客対応をする際は菅原さんのように配慮ある言葉、丁寧でゆっくりした口調、そして何よりおもてなしの気持ちを持ってお客様をお迎えできたら素敵ですね。

そして、最下位は「営業の中村」です。

総務 春香からのコメント
彼は新年早々胃腸炎にかかり、その影響で今も脳みそに炎症が起きているのだと思います。
早く治るといいですね。
総務 春香からの優勝者を除くみんなへのコメント
みなさん丁寧な言葉遣いでしたが、定型文を話してる感じがしたので、ポイントは付けていますが同率2位でも良いと思います。

 

総務 春香からの総括コメント
日々の忙しい業務の中で、何か大切なことを忘れていませんか?
お付き合いしてくださる会社がいること、大切な社員がいること、みんなが助け合って生きていること。
そう、全ては
O MO TE NA SHI(オモテナシ)

 

PS:なんでひじきぼーいやってないの?って方。理由は簡単です。
うめ吉(三原)が●RECを押し忘れていたためです。本当にありがとうございました。

次回は今年入ってくる新卒の子たちにもやらせてみようかしら。

それではこの辺で!

 

 

第2回目はこちら

≪動画≫一番センスがあるのは誰だ!第2回インターフォン誰が一番上手に出れるか選手権

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)